彩雲斎の雑記

令和のこどおじ 人畜無害に日和ってくstyle

茗荷の滝とやらへ

 木曽川へそそぐ、茗荷の滝。

 

 地元民も知らない、幻の滝。小生の田舎は、なにかと木曽川沿いに面しており、恐らく山中の尾根を彷徨えば、木曽川へ向かって落ち込む滝が、いくつもあると睨んでおる訳でございます。

 

 その一つが、今日行ってきました、茗荷(なに)の滝。なぜにそんな名称なのか、由来も情報も少なく、確かに実在はしているものの、秘密めいた滝であります。

 

 いかんせん、地元住民すら知らないと言われる始末。

 

 わずかなネット情報から、入口付近の集落を見つけ、あとはガレた獣道を恐る恐る下る訳であります。

 

 いきなり山を下る。

 

 クライマーにとっては奇妙な経験だと思う訳です。そしてそのイレギュラーさは、小生の準備にも、意外な悪影響を及ぼしました。

 

 山の中は涼しいだろうと、一応、虫や怪我をしない程度の最低限クライマー装備で、原付きで現地付近へ向かい、荷物はスマホと財布のみ。

 

 これが重大なミスだった、、、。

 

 道なき道。山中を右往左往と彷徨い、目下に、エメラルドグリーンな木曽川が、木々の間にうっすらと見えてきたのですが、、、。

 

 何やら体調がおかしい。

 

 1人山中の木陰(ほとんど日陰)に座り込み、ジワジワと動悸と呼吸が荒くなり、軽い目眩に襲われました。

 

 恐らく脱水症状。  

 

 本日は5月ながら、歴史上稀に見る猛暑日でありました。いくら山中とは言え、彷徨いながら、知らず知らずに汗をかきすぎたようであります。

 

 おまけに水分すら持っておらず、その気分の優れなさ故、ここまでの道筋すら、もはや怪しい。孤独と絶望的な体調不良に見舞われてしまいました。

 

 しかし僅かに聞こえる滝の音。そのする方へ、ゆっくり下るも、手足の軽い痺れ。

 

 大丈夫か、俺、、、。

 

 ようやく木々の間から、滝を確認しました。しかしまだ下れと言わんばかりの距離。ざっと見150メートル。しかも滝を下から見上げるには更に下る訳で、その高さは未定。

 

 その滝までも、そして振り返っても、道と思える道は無く、体調は更に悪化する一方。体が水分を全力で欲しているのが、本気で解る状態。

 

 これ以上、下るともう登れない気しかしない、、、。

 

 微かに滝を確認し、とにかく上へ。数十メートル登っては日陰で休息し、呼吸を整え、焦らず時間をかけて、ようやく獣道らしき道へ戻ってこれました。

 

 原付きに置いておいた水分を補給した時、体に染み渡るそのありがたみを、紺碧の空を仰いで感謝する以外ありませんでした。

 

 大袈裟な文章ではありますが、甘ったれた装備で分け入った山の神様に謝罪し、再アタックを誓う訳でありました。

 

 なんとなくルートは分かったので、次回は万全を期して、その幻の滝を間近で眺めたいと思います。

 

 たとえ軽い登山でも、安易に考えるのは危険だと痛感した1日でありました。

 

 しかし本当に脱水症状だったのか、何やらパワースポット的な超常現象だったのか、無礼な人の侵入を許さない、獅子神からの警告か。

 

 途中なんかヘンテコな植物に遭遇いたしました。ウラシマソウと言う絶滅危惧種だそうで、怪しい毒性ありのため要注意。

f:id:saiun_sai:20190526160024j:image

丸山ダムの謎

 岐阜県八百津町。

 

 そこには『丸山ダム』が存在しております。まことしやかに、嵩上げ工事が進んでおり、現在の丸山ダムごと、丸呑みする更に巨大な『新・丸山ダム』へと変貌する事になります。

 

 、、、何故。

 

 はるか昔、現・丸山ダムの竣工により、その上流にある『深沢峡』は、事実上、観光地としての使命を終えたのであります。

 

 遊覧船による渓谷巡りや、吊橋、それらの面影のみ、微かに残ってはおりますが、その有様はもはや人気の無い怪奇な場所となっております。

 

 木曽川沿い、丸山ダム付近から、深沢峡へ向かう県道は、未整備のまま閉鎖・放置され、『酷道』として、一部のマニアに人気のスポットになっております。

 

 またその道程には、口裂け女伝説や、心霊トンネルの存在など、酷道マニアだけでなく、その悪名は、もはや全国区へと、とどまるところを知らないのであります。

 

 沈みかけの深沢峡。

 

 次は、この全国に名を馳せる酷道ごと、新丸山ダムは、飲み込もうとしているのでございます。

 

 小生も何度かこの、丸山ダムから深沢峡までの酷道を通っておりますが、その道中は、確かに心身共に危険ゾーンも多いのであります。

 

 ただ自然豊かに、木曽川へ向かって流れ落ちる滝など、エメラルドな木曽川を横目に、丸山ダムを含めた観光地として、継続する手段が無かったのか、いささか疑問に思う訳であります。

 

 何よりその過去ごと、存在ごと、更に水底へ葬り去されようとしている。

 

 深沢峡に一体何があるのか、、、。

 

 道を整備放置したのも、心霊的な噂も、もしか深沢峡へ近づかせないための、風説を流布しているのではないかと、思わず勘ぐってしまう訳であります。

 

 あくまで、小生の中で、謎が深まるばかりの、ただの虚言であります。

 

 

 丸山ダムでは、現・丸山ダムと、新・丸山ダム完成予定の、4種類のダムカードを配布しておりますので、ダムカードマニアの紳士は、ぜひゲットしてください。

 

 なお深沢峡への道程は、大変危険ですので、自己責任でお願い申し上げます。
f:id:saiun_sai:20190520020943j:image

 

 

 

宮沢賢治の詩

 小生は、宮沢賢治が好きだ。

 

 日本文学史上、最高峰だと本気で思っている訳でございます。

 

 小さな祈り、不可解な物語。宇宙と死とのはざま、若くして亡くなった妹への想い。

 

 どこか宗教的であったり、その思想染みた、神々しい文面の数々は、時に難解ではありますが、読んでいて退屈をする事はありません。

 

 ただ素晴らしい物語だけでなく、心揺さぶる詩も、沢山残している事を見逃してはいけません。

 

 春と修羅。

 心象スケッチが妙にしっくり来る。春の風が吹く、だだっ広い草原に立って、どこか苛立つ賢治の情景が浮かぶ。

 

 雨ニモマケズ。

 言わずもがな、超有名な庶民の悟り。つつがなく日常生活における、名言の集大成だとかんづる訳であります。

 

 しかし小生は、ちょっとマイナーではございますが、『雲とはんのき』と言う詩が、1番のお気に入りなのでございます。

 

 特に終盤、

------------------------------------------------------------------------

わづかにその山稜と雲との間には


あやしい光の微塵にみちた

幻惑の天がのぞき


またそのなかにはかがやきまばゆい

積雲の一列がこころも遠くならんでゐる


これら葬送行進曲の層雲の底
鳥もわたらない清澄(せいたう)な空間を


わたくしはたつたひとり

つぎからつぎと
冷たいあやしい幻想を抱きながら


一挺のかなづちを持つて
南の方へ石灰岩のいい層を
さがしに行かなければなりません

------------------------------------------------------------------------

 山歩きが好きな小生は、山頂と空の狭間、山道から、様々な雲を見上げては、いつもこの詩を黙読するのであります。

 

 一人で黙々と歩きながら、そして歩いたその先に、素敵な水晶の欠片、それらが眠る層が、きっとある事に違いないと、いつも心を躍らせる訳でございます。

 

 一聴して、孤独とも思える内容ではあるものの、そこに賢治の悲観は無いと思っているのであります。

 

 歳を重ねる程に、

 

 むしろ運命を受け入れ、おまへの、行きたい所へ、遠慮なく行くべきだと、紺碧の空を仰いで、透明の孔雀がいるのかもしれないと、かんづる訳であります。


f:id:saiun_sai:20190515180110j:image

 

 

即身仏との対峙

 岐阜県の山奥に、即身仏の鎮座するお寺がありましたとさ。

 

 そもそも小生が即身仏を知るキッカケとなったのは、手塚治虫先生の『火の鳥 鳳凰編』を読んだ事に始まります。正確には、読んだと言うより、アニメ映画を見た事により、その物語を知り、かなりの衝撃を受け、小説まで購入し読みふけったものであります。

 

 その当時、小生は小学イチ年生。

 

 小生の読書嗜好や、神社仏閣好きは、ここが原点ではないかと、今更思っております。そしてエンディングもまた神曲。火の鳥は、六道輪廻をテーマに、様々な時代背景を舞台に、何編か存在し、それぞれ面白いのですが、

 

 中でも傑作名高いのは、やはり鳳凰編。

 

 登場人物の1人、『良弁上人』が最後に即身仏になる場面に、人間を超えた仏へと昇華する過程と、想像を絶する悟りの境地を、7歳ながらに、理解したような気がしたのです。

 

 あくまで、したのです。

 

 想像してみてほしい。

 

 暗く狭い樽の中で、絶命するまで念仏を唱え続けるって?なに。幼少期の恐怖体験そのものじゃないの。

 

 暗い押し入れに閉じ込められ、水も食事も無い監禁状態である。閉所・暗所・孤独と飢え、、、そして計り知れぬ死への恐怖。

 

 もうそれだけで気が狂っちまいそうだ。

 

 精神世界の最果て、死すら凌駕したその向こう側に何を抱き、まことの境地があると言うのでしょうか。

 

 涅槃への憧れか、自己満足か。

 己の身を賭することが、

 民衆の小さな祈りへの答えなのか。

 俗世の絶望か。

 来世への希望か。

 

 入口は違えど、一種の自殺行為にも関わらず、強い信仰心の為せる業か、何の為に祈り、気高いまま息絶えるのか。

 

 絶命する事こそが大願成就、その過程こそ俗世に蔓延る、煩悩も恐怖も全て克服した者の証、人間からの解脱、仏への昇華だと理解したのです。わたし。

 

 それは木彫りや、鋳造された偶像でも何者でもない、人間そのものが仏へ化身した誠の姿。

 

 いや、少しは迷いもあったかもしれない。

 

 インターネットの普及により、岐阜県の山深き里に、良弁上人ではありませんが、正真正銘の即身仏に出会える寺がある事を、随分、大人になってから知りました。

 

 すなわち即身仏とは、悟りの最高峰、その偉業を知り得てから、約30年以上の時を経て、小生はいよいよ、本物の即身仏に会いに行ったのです。

 

 初めて即身仏と対面したとき、何故か全身が冷え、意識が高く舞い上がるのを感じました。幽体離脱。その凹んでいながらも見開いたような眼光に、重い目眩を覚え、3次元の自分を見下ろし、追憶の断片が、無軌道にフラッシュバックし、身動き1つ取れなくなりました。

 

 ものすごい霊圧だ。

 

 己への最大の暴力、生へ慈しみではなく、死への憧れ。

 

 生きる事への本能を真っ向から拒否、その臨界点を突破し、仏へ化身した、妙心上人、御年37歳。

 

 脳内へダイレクトに、か、むしろ小生の生霊が即身仏へフュージョンし、訳の解らない渦巻きに巻き込まれ、その中心に妙心上人が居る。その渦巻きを溺れながら小生が、苦しみもがいているのです。

 

 何を思い、誰の為に、最期は何を悟り得てそのお姿になったのか、小生がここへ来る事を、まるで知っていたかような、その厳しくも優しい仏の表情。

 

 、、、ごめんなさい。

 

 訳もなく謝っていました。 

 

 そしてふっと軽く、我に返るのでした。

 

 別に興味本位で貴方に会いに来た訳じゃありません。それもあるけど、ずっとずっと即身仏に会いたかった。ただそれだけです。

 

 でも今日会いに来たのは、きっと意味があるような気がしました。貴方の生を賭して辿り着いた、気高きその境地。その時の年齢と、今あまり変わりない小生です。

 

 この対面は、即ち必然であり、実は、多分、きっと、小生は何かが限界だったに違いない。そう悟ったのでありました。

 

 今日いま、この瞬間から、

 心を入れ換えます。

 ありがとう。南無。

 貴方に会えて良かった。心より合掌。


f:id:saiun_sai:20190515060333j:image

 

 

 

 

 

アルトとAC/DC

 時々音楽ネタになります。

 

 アップダウンの激しい田舎のロード。母親に借りた軽自動車を運転していると、急な上り坂は、その非力さに、いささか気が滅入る訳であります。エアコンなど付けようモノなら、その非力さが更にブーストされ、減速が加速する負の連鎖が巻き起こる訳です。

 

 そんな時こそ、もはや生ける伝説、モンスターロックバンド、AC/DCを控えめな音量で流す事にしている。

 

 「軽自動車と、ロックバンド」

 

 広大な地平線に向かって、爽快に爆走するピックアップトラックでは、決してないギャップ。

 

 厄介な8ビートでございます。まるで心拍数に呼応するかのように、一貫してブレない無駄の無いドラミングが心地良き。

 

 所々、単音を織り交ぜつつ、シンプル且つワイルドなギターリフと、その隙間を軽やかにリズムキープする2本のギター。グルーヴィでラウドに、そのビートに絡みついております。

 

 まるでビートに音を置いて行くかの如く、地を這うようなベースサウンドは、曲の下手部分を見事に支えています。

 

 クセの強いボーカルは、それらのグルーヴを乗りこなし、ロックに有りがちなデス・ヴォイスらしからぬ、キャッチー&コミカルなメロディで更に曲を引き立てております。

 

 よくこれだけのメンツが集まったもんだ。

 

 と、思う訳でございます。それぞれがお互いのポテンシャルを高め合い、聴衆を無意識にテンションアップさせる中毒性。

 

 一聴しただけで解るそのインパクト。大衆を意識してかどうか、大ホールの聴衆を巻き込んで、会場全体がウネリを上げること請合い、見事なまでのロックグルーヴ。

 

 軽自動車の中で、大アリーナライブを擬体感しながら、今日も信号の全く無い田舎ロードを、むしろ安全運転に、精一杯心掛ける次第であります。

 

 アンガスはよく、牛のツノを被っているので、近所の牧場写真をパシャリ。

 


f:id:saiun_sai:20190513070241j:image