彩雲斎の雑記

令和のこどおじ 人畜無害に日和ってくstyle

Coccoの魔力

 少し前の世間話ではありますが、アムロちゃんの引退表明を見た時、小生には忘れられない、もうひとりの歌姫の事を想いました。

 

 いち時代を築いたアムロちゃんは、常に若い女子たちに、憧れや影響を与え、ずっとずっと輝いていました。キュートな容姿も歌声もダンスも、非の打ち所の無い、正真正銘のアーティストでした。

 

 誤解を恐れずに言えば、それとは別次元で、どこか危うさを内包しつつ、その佇まいから歌声まで、心の秘境駅と言うか、古傷を癒やすかのようにそっと響く、奇妙な魅力を放っていたのがCoccoさんでした。

 

 またまた誤解を恐れずに言えば、まさにそれは陰と陽。今風だと、コッコはだんだんジワる。その歌声は、小生にとっては未だ普遍的に優しく強く、壮絶かつ美しい。

 

 その次元について、表現が見つからないのですが、打ちのめされた心の痛みや、淡く苦しい思い出、沖縄の海に対する郷土愛など、歌い方にも、その華奢な容姿からは、計測不可能なほど危険な振り幅があり、小生は魅了され続けている訳です。

 

 彼女について、そのプライベートは謎は多く、憶測から中傷的、様々な情報がありますが、そんなことはどうでも良く、その神秘的であるが故、今も小生にとって大切な存在である訳です。

 

 最近、シンガーとしての活動再開を耳にする事が多くなり、小生にとっても喜ばしい限りです。大袈裟かもしれませんが、彼女の歌に救われた事もあるのです。

 

 実は同い年と言うのは、ここだけの秘密ですが、同世代に、こんなにも素晴らしいアーティストが存在する事を誇らしく思う訳です。

 

 まぁ、いいから聴けよ、、、云々、他人から言われても、どこか上の空になりがち。どうしても同調を求めてしまいがちな話ではございますから、あーあれね、と軽い相槌を打ちながら、読み流す事にして下さい。

 

 しかしそんな『かけがえのない』曲は誰にでもあると思います。小生にとってCoccoはまさにそんなアイコンであり、今日も朝から彼女の歌声に癒やされる訳です。

 

 抱えきれない悲しみ、両手いっぱいの思い出、ずっと昔に嗅いだ匂いや、景色に連れ戻されつつ、そんな歌詞をなぞると、実は言葉が1番凶器になり、思わず発した言葉、苦し紛れに言われた言葉、取り返しの付かないひとことふたこと、1人悶え苦しむ訳でございます。

 

 そしてまた、

 

 そしてまた、そのいつかの場所へ、ついつい行きたくなったりする訳です。

 

 いつか、いつか、ばかりではありますが、いつか彼女の歌声を横に、ギターを弾いてみたいと思っております。

 

 そんな訳で、思い出の雪道を1枚。


f:id:saiun_sai:20190511012948j:image