彩雲斎の雑記

令和のこどおじ 人畜無害に日和ってくstyle

宮沢賢治の詩

 小生は、宮沢賢治が好きだ。

 

 日本文学史上、最高峰だと本気で思っている訳でございます。

 

 小さな祈り、不可解な物語。宇宙と死とのはざま、若くして亡くなった妹への想い。

 

 どこか宗教的であったり、その思想染みた、神々しい文面の数々は、時に難解ではありますが、読んでいて退屈をする事はありません。

 

 ただ素晴らしい物語だけでなく、心揺さぶる詩も、沢山残している事を見逃してはいけません。

 

 春と修羅。

 心象スケッチが妙にしっくり来る。春の風が吹く、だだっ広い草原に立って、どこか苛立つ賢治の情景が浮かぶ。

 

 雨ニモマケズ。

 言わずもがな、超有名な庶民の悟り。つつがなく日常生活における、名言の集大成だとかんづる訳であります。

 

 しかし小生は、ちょっとマイナーではございますが、『雲とはんのき』と言う詩が、1番のお気に入りなのでございます。

 

 特に終盤、

------------------------------------------------------------------------

わづかにその山稜と雲との間には


あやしい光の微塵にみちた

幻惑の天がのぞき


またそのなかにはかがやきまばゆい

積雲の一列がこころも遠くならんでゐる


これら葬送行進曲の層雲の底
鳥もわたらない清澄(せいたう)な空間を


わたくしはたつたひとり

つぎからつぎと
冷たいあやしい幻想を抱きながら


一挺のかなづちを持つて
南の方へ石灰岩のいい層を
さがしに行かなければなりません

------------------------------------------------------------------------

 山歩きが好きな小生は、山頂と空の狭間、山道から、様々な雲を見上げては、いつもこの詩を黙読するのであります。

 

 一人で黙々と歩きながら、そして歩いたその先に、素敵な水晶の欠片、それらが眠る層が、きっとある事に違いないと、いつも心を躍らせる訳でございます。

 

 一聴して、孤独とも思える内容ではあるものの、そこに賢治の悲観は無いと思っているのであります。

 

 歳を重ねる程に、

 

 むしろ運命を受け入れ、おまへの、行きたい所へ、遠慮なく行くべきだと、紺碧の空を仰いで、透明の孔雀がいるのかもしれないと、かんづる訳であります。


f:id:saiun_sai:20190515180110j:image