彩雲斎の雑記

令和のこどおじ 人畜無害に日和ってくstyle

聖地巡礼と鉄道

 一世風靡。空前のヒットアニメ。

『君の名は』

 

 アニメと言えば、真っ先にジブリシリーズが思い浮かぶ老若男女は多いだろうと思います。

 

 数年前の話しではあります。当初、さほど気にも止めてはいなかった小生であったのですが、時折、小生が生活圏としている場所が描写されている事を耳にし、上映期間終了となる前に、『君の名は』を観に行ったのでございます。

 

 映画のストーリーは敢えて控えますが、素直に面白かったです。ヒロインの日常が、概ね高山線がモデルとなっているシーンが多々ございます。

 

 特に飛騨古川駅。

 

 飛騨古川と言えば、小生にとっては、円空仏でも縁のある地なのですが、その駅舎を見下ろすワンシーンが、飛騨古川駅そのものだと言うのです。

 

 そこで『アニメ聖地巡礼』と言う、近年新たに登場した新興文化に便乗する事に致しました。

 

 何故かと言いますと、そのシーンは、鉄道の有識者たちによれば、通常運行しているダイヤでは、あり得ない場所に、列車が停まっている、らしいのです。

 

 しかし某鉄道会社も、こうした映画のヒットを受けて、臨時急行を意図的に運行し、映画のワンシーンを再現する、便乗商法・集客作戦に出たのでごさいます。

 

 そして自然豊かな高山線の旅。

 

 車内では、イベント急行だからなのか、過剰なまでに、たくさんのおもてなしを受けながら、飛騨古川駅に到着したのであります。

 

 若干の差異はあるものの、問題のシーンを撮影しようと、鉄道マニアから、映画ファン、カメラ女子に紛れ、この粋な計らいを、安物スマホで撮影する事ができました。

 

 もはや、随分古いネタではございますが、時にゆったりとくつろぐ鉄道の旅も、悪くないと、また、別の田舎へ鉄旅を模索する小生でありました。

 

 『急行ぬくもり飛騨路号』は、現在も、時々運行しておるようです。


f:id:saiun_sai:20190515172421j:image